『物流×IT』で社会を明るくする、シーネットグループ

ご挨拶

行動変革から新常態へ。
あらゆる既成概念を打破すべく、思い切った施策を実行し
【物流×ITで社会を明るくする】というミッションを追求し続けます。

新型コロナウイルスの感染拡大という社会的事象により、2020年3月以降、私たちシーネットグループの各企業を取り巻く経営環境は大きく変化しました。
お客様の現場立ち上げの延期や、新規導入商談の遅延など、様々な側面で、自粛・様子見の影響が顕著になったのです。

中・長期ビジョンをもってグループ全体の将来像にどうコミットしていくか、より長いスパンで追求するため若手が自ら経営マインドを持って事業を創り上げ推し進めるという新体制は、早くも試練にさらされることとなりました。

しかしシーネットでは、怯まず時代の変化を見据え大胆に行動変革を加速してきました。
経営陣および中堅幹部のさらなる若返りと機動力の強化、関連会社の幕張新拠点への統合、そして従来とは全く異なるビジネスモデルでの新規事業の立ち上げなど、思い切った施策で事業展開の足腰を鍛えてきました。

そして今、社会全体が行動変革の必要性を認識し、さらに今日ではそれを新常態として定着させることが共通認識となってきています。

様々な実業の分野でDX、つまりデジタルトランスフォーメーションの具体的な需要が高まるなか、シーネットグループのコア・コンピタンスでもある【物流×ITで社会を明るくする】というテーマがより一層社会のニーズと合致し、実践的に求められる時代となったのです。

一つでも多くの現場にDX、つまりITの活用による効率化の効果を届け、新常態下での業務改善や働き方改革実現の強力なパートナーとなるべく、シーネットグループ一丸となってこのミッションに取り組んでまいります。


CEO 小野崎信彦

2020年9月
シーネットグループ株式会社
代表取締役社長兼CEO 小野崎 伸彦